社会福祉法人茨城補成会|涸沼学園|涸沼学園集まれガッツ村|石崎学園|

qrcode.png
http://ibaraki-hoseikai.jp/
モバイル版はこちら!!
バーコードリーダーで読み取り
モバイルサイトにアクセス!

 

スイーツ工房ブログ

 

スイーツ工房 日々のできごと

スイーツ工房 日々のできごと
フォーム
 
アクアワールド販売とキッズおやつ
2017-01-28
 今日は毎週土曜日恒例の「アクアワールド大洗」販売の日です。
利用者様3名と職員2名で1便・2便に別れて出発しました。
天気は良かったのですが風が冷たく、あまり動きの無い販売ですので大変だったと思います。
 
今日の涸沼キッズのおやつ作りは私では無く、今日出勤の職員にお願いしました。
お菓子作りのルールは"一時間以内で工房にある原材料を使う事"もちろん無添加・無着色です。
出来上がったのはチョコバナナ・クッキー・チョコマフィンの豪華版でした。
 
その間私は明日販売分のシフォンケーキを焼き、職員からの注文分のロールケーキを焼きました。
 
メンバーが増え、利用者様・職員の出来る仕事が増えて行く事はとても嬉しく思います。
 
今日も皆様お疲れ様でした。
 
 
さつまいもの加工
2017-01-27
 今日はさつまいもの加工を行いました。
 
今回 2月11日に行われます「茨城町町民の日」参加の方々に私たちスイーツ工房の焼き菓子をお渡しする事が決まりまして、サンプルをお出しした結果、スイートポテトとクッキーに決まりました。
数が400セットと、今までに無い大量受注となりましたので今日から下処理スタートです。
 
今日は原料のさつまいもをスポンジを使い食品対応の洗剤でていねいに洗い、皮を剥き・カットを行いました。
利用者様はそれぞれ得意な分野があり職員と一緒に流れ作業で処理し、今日は約15kgの「カット剥きさつまいも」が出来ました。
 
この後に スチーム → クラッシュ → いもあん → 冷凍保管の工程が待っており、後日ご紹介したいと思います。
 
工房のお仕事
2017-01-25
 今日は工房のお仕事を紹介します。
 
私たちの作るクッキーやラスク・ガトーショコラはスイーツ工房の看板商品「シフォンケーキ」と並び、工房を代表する焼き菓子で、茨城町の「ふるさと納税 返礼品」にも採用されている"原料と手作り"にこだわった商品です。
焼き菓子作りの得意な利用者様と焼き菓子専門のパテシェ(工房の職員です)で毎日生地作りから型抜き・丸めを行い、焼き・包装と一連の作業を週間スケジュールでこなし、今日も週末にアクアワールド大洗で販売予定の「おさかなクッキー」を作りました。
 
 私たちスイーツ工房でいちばん多く使用する原料と言えば「卵」です。
こちらの卵は同じ茨城町にあります「小幡養鶏場」産の穂の香卵をメインに使用し、同じ小幡養鶏場産non-GM飼料で育てたこだわり卵も焼くシフォンケーキの種類によっては使用しており、週3日のペースで卵洗いの作業を行います。
 
今日は午後から「セイブ食彩館 けやき台店」様へ納品にお伺いしました。
毎日午前中1回(11:00頃)納品にお伺いするのですが、昨日の売れ行きが良く午前中の納品分だけでは売り場が寂しいので、利用者様と追加納品にお伺いしてお借りしている売り場を埋めて来ました。
納品のお仕事は利用者様大好きなお仕事の1つで、今日の様な追加納品が増えるといいなーと思ってます。
 
 
 
実習に行って来ました。
2017-01-24
 今日は就労移行のサービスをご利用の利用者様とハーブの剪定実習に行きました。
就労移行のメンバーは特別支援学校を卒業してガッツ村に来てから2年の間に一般企業への就職を目指す為、皆様の作業への取り組みは真剣そのものです。
 
今日は 農作業班から2名、スイーツ工房から同じく2名+私の計5名で学園近くの「涸沼ハーブの里」様ハーブ畑へ農作業実習にお伺いしました。
 
 最初に涸沼ハーブの里 児玉社長よりセージとレモンバームの株剪定方法を教えてもらい、貸して頂いた鋏で実際に剪定を行いましたが、私たちスイーツ工房の利用者様が悩みながら剪定していたのとは大違いで。さすが農作業班のお2人は手慣れた様子でテキパキと剪定を行い児玉社長から「良い形の剪定ですね」とお褒めの言葉を頂きました。
 
今日は風が冷たく、午後からは日が陰り条件としては良くなかったので「寒い」「学園帰る」との声もあり、作業の方は約一時間で終了しましたが、今週の木曜日に又実習にお伺いする事で児玉社長と打ち合わせを行いました。
 
昨年はカモミール摘みのお仕事しかお手伝いが出来ませんでしたが、今年はもっとたくさんのお仕事をお手伝いし、将来は「涸沼ハーブの里」様へ私たちガッツ村就労から就職出来る利用者様を育てたいと思っております。
 
 
 
 
 
 
いちごを頂きました。
2017-01-23
 今日は学園の近くで苺を栽培している「小野いちこ園」のご主人 小野さんより規格外のいちごをたくさん頂きました。
 
毎年季節になると小野いちご園さんからスイーツに使用する苺を直接購入し、新鮮な地元産原料として冬から春期間の食材にしておりますが、今年は年末年始がとても忙しく、お伺いするのが大幅に遅れてしまいました。
 
ハウスの中はまだシーズン初めとあり、これからの様子でしたが、出荷出来ない規格外品をたくさん頂いて来ました。
 
早速工房できれいに洗い痛んだ所やへたの当りが色が回っていない所、熟しすぎた所のトリミングをかけた後、ビートグラニュー糖をまぶして「いちごのコンポート」を作りました。
ほとんどが完熟の原料なのでとてもおいしいコンポートが出来上がり、頂いた規格外品でも手間をかければ十分コンポート単品でも販売出来る商品に仕上げるのがスイーツ工房の強みです。
 
小野さんがおっしゃる「ほんのちょっと出来が悪いだけで出荷出来なくて捨ててしまうのが一生懸命に育てた私としては一番悲しいね」の一言が今の大多数の農家さんの気持ちかなと思うので、これからも手間のかかる原料でも捨てずに大切に使用したいと思っております。
 
 
 
 
 
 
 
今年もよろしくお願いします。
2017-01-20
 スイーツ工房ブログを約2ヶ月休んでいるうちに新しい年になってしまいました。
そろそろ工房の優しい笑顔の「お兄さんりす」にホイッパーで叩かれそうになるのではと思う位、本当にご無沙汰で申し訳ありません。
 
この2ヶ月の間色々なことがあり、何から紹介していいのかわからない位の出来事がありました。
 
大きな報告では同じ茨城町にあります「ポケットファーム どきどき」にシフォンケーキ(売店)小幡養鶏場のこだわり卵(レストラン)納品が決まった事で、書類が整い次第スタートの予定です。
 
他にも2月11日の「茨城町町民の日実行委員会」より記念の焼き菓子セットを400個受注したり、来年度の事業計画の中に水戸市内にスイーツ工房の製造と販売拠点を作りカフェも併設した展開を始める事など、最初生活介護のサービスの中で数名の利用者様と2名の職員で始めた取り組みが大きく成長し、私1人の力ではどうにもならないところまで来てしまいました。
 
とは言っても日々の利用者様の作業や手作り・無添加・無着色にこだわった製造方法はスタート当時のままで、昨日はスイーツ工房へ実習に見えられた方のバースデイケーキを作りました。
 
お菓子やおやつ作りは食べて頂く方の笑顔や喜ぶ顔を想像しながら作ると質素な材料でもおいしく出来ると私は信じております。
 
今年の目標として「こまめにブログを書く事」加えましたので、今後とも宜しくお願いします。
 
良い天気になりました
2016-11-26
 昨日に引き続き今日もよい天気になりました。
 
気温が下がるにつれて工房の「えさ台」にやってくる小鳥さんもだんだん増えて来ました。
夏から秋にかけて畑や森で食べるものがたくさんあった為か、ケーキを焼いた時に出る「ことりごはん」もたくさん余っておりましたが、これから冬にかけて逆に足りなくなる予定です。
 
今日は「アクアワールド大洗」での対面販売の日でした。
グループホームや工房の利用者様は千波湖で行われた「蛍駅伝大会」にほとんどの方が参加されましたが、1名残った利用者様はアクアワールドの対面販売に職員とアルバイトさんとで行ってきました。
風もなく穏やかな日でしたので予定より約1時間延長で販売のお手伝いをして貰いました。
 
今までは土曜日・日曜日・祭日は利用者様のお休みの日にしておりましたが、来月から土曜日が「ガッツ村活動日」当たり、対面販売が予定されている時は利用者様交代で販売にお伺いしたいと思います。
 
今日もお買い上げ頂きましたお客様、販売参加の利用者様、アルバイトさん、担当職員、お疲れ様でした。
 
ゆずを頂きました。
2016-11-21
今年もゆずの季節がやってきました。
 
ゆずは毎年いろいろな方から頂き、皮の部分をジャムにしてスイーツに練り込みます。
好評なのは「ゆずのシフォンケーキ」で、ゆずのジャムを昨年もたくさん作ったつもりですが、5月頃には無くなってしまいました。
 
今年は利用者様にもカットを手伝ってもらい昨年よりたくさん作り、年間を通してご注文にお答え出来る様にと考えております。
 
今日のキッズおやつ
2016-11-13
 ご無沙汰しております。
約1ヶ月半ぶりのブログになつてしまい、申し訳ありません。
 
10月は本業も菓子製造業もちょっとハードな月で、11月も前半は忙しかったのですが、やっと時間が取れる様になりました。
 
今日の工房は久しぶりの完全休業日で、午前中セイブ食彩館2軒分納品と午後からキッズのおやつを作りました。
お休みの日は自分のペースで作業が出来、今日はセイブけやき台店用に手書きのポップも作り飾る事が出来、いろいろ考えながらの作業時間が私は大好きです。(勤務の日は朝から時間に追われ「忙しい・忙しい」で終ってしまいます)
 
キッズのおやつはいつもは当日に決めて一時間以内でつくるのですが、今日は最初から決まってまして「りんごの生シフォン」を作りました。
理由は生クリームが今日で消費期限が切れる為で、12人分として昨日焼いたりんごのシフォン2ホールを久しぶりに生クリームを塗り中のサンドにはりんごの皮をジャムにしたペーストを使い、トッピングは紅玉のコンポートです。
 
おやつの予算では材料費だけでもすでに大幅な赤字ですが、キッズ利用者様のケーキを見た時のテンションの高さを見るとたまにはこんなサプライズも良いかなと思っております。
 
新製品と合同面接会
2016-09-29
 以前から「セイブ食彩館 けやき台店」様よりお話を頂いておりました生洋菓子の新製品が出来、サンプルをお店にお届けに上がりました。
 
今回は冷蔵の棚を貸して頂ける事になり、第一弾として「ホワイトミルクプリン」でスタートします。
容器も包材メーカーからサンプルを貰い、バーコード付きのラベルも小サイズの物に切り替えてもらいました。
 
味は以前何度か試食して頂き、OKを貰っておりましたが、陳列にするにあたりどの形が良いか見てもらう為のサンプルで、近日中に販売開始予定です。
 
今日は午後から就労移行サービスを受けられている利用者様2名と「障害者就職面接会」へ行きました。
場所は水戸駅南口の「ホテルレイクビュー」の2階で、この日の為にハローワークで求職者登録を済ませて障害者手帳と履歴書持参で参加しましたが、残念ながら職種や通勤の面で面接には至りませんでした。
 
来年早々に今年度2回目の面接会があるとの事でしたので、次回に期待したいと思います。
 
 
 
社会福祉法人茨城補成会
 
涸沼学園
涸沼学園集まれガッツ村
グループホーム集まれガッツ村
涸沼キッズ
涸沼キッズサテライトゆうゆう
相談支援事業所涸沼家族会議室
石崎学園
 
〒311-3122
茨城県東茨城郡茨城町
上石崎4698-2
TEL:029-293-7401
FAX:029-293-7744
------------------------------
・福祉型障害児入所施設
・障害児通所支援事業
 児童発達支援事業
 放課後等デイ事業
・涸沼キッズサテライトゆうゆう
・障害者支援施設
 施設入所支援事業
 就労移行支援事業
 就労継続支援B型事業
 生活介護事業
 自立訓練(生活訓練)事業
 短期入所事業
・日中一時支援事業
・相談支援事業
・共同生活援助事業
・児童養護施設
------------------------------
<<社会福祉法人茨城補成会>> 〒311-3122 茨城県東茨城郡茨城町上石崎4698-2 TEL:029-293-7401 FAX:029-293-7744