社会福祉法人茨城補成会|涸沼学園|涸沼学園集まれガッツ村|石崎学園|

qrcode.png
http://ibaraki-hoseikai.jp/
モバイル版はこちら!!
バーコードリーダーで読み取り
モバイルサイトにアクセス!

 

スイーツ工房ブログ

 

スイーツ工房 日々のできごと

スイーツ工房 日々のできごと
フォーム
 
納品のおしごと
2014-09-02
 スイーツ工房はお店がないのでお客様から注文を頂くと製品をお届けに上がります。
 
お客様の中には学園に電話でご予約を入れてお引き取りに来て頂けるお客様もいらっしゃいますが、ほとんどはお届けかアクアワールドを始め県庁各庁舎などでのでの対面販売です。
 
お届けには職員1名とチームのメンバー全員が毎回参加します。
全員が毎回「行く」「行きます」と答えるのでお留守番はありません。
 
納品はお仕事ですので、各自担当があり、お届け先でそれぞれご挨拶や製品運び・リボン付け・手提げ袋入れ・お金をお預かりしてバックにしまうなどなど担当のお仕事が出来たかを帰りの会で確認をします。
 
2枚の写真はお届け時と容器回収の時の写真ですが、どちらも皆さん楽しそうな表情です。
 
対面販売は全員で行く事が出来ないため交代で行きますがこちらも全員「行きたい」との返事で、自分の番が来るのが待ち遠しい様子です。
 
今後ともメンバーで対面販売やお届けにお伺いしますので見かけたらお声をかけて頂くと嬉しいです。
 
なおお届けのエリアやご注文を頂く数などは電話でお気軽にお問い合わせ下さい。
お問い合わせをお待ち致しております。
 
 
 
 
 
誕生会スイーツ
2014-08-25
 今日は利用者様毎月のお楽しみの1つ「誕生会」でした。
 
午前中・午後とも各班の作業活動はお休みで、全体レクリエーションや散歩などで過ごし、最後にお待ちかねのケーキ会食で楽しい一日が終了しました。
 
今回のスイーツは季節の果物として桃を選び、缶詰めの白桃5種類の中から値段と内容量が手頃な3種類をスイーツ工房の職員で桃の味・食感・シロップの味・大きさ・色等をチェックし、全員一致で「これがいい」と即決で決まりました。
今回食べ比べて見て、同じ1缶 100円前後でもこれだけ品質に差がある事初めて解り、原材料を吟味する事は大事だなと実感しました。
 
写真ではお皿が大きい為、ケーキが小さく見えますが、実際には18cmスポンジ台3段重ねを 1/8にカットしているのでお店で買うショートケーキより一回り大きいです。
もちろん大きくてもいつもの誕生会ケーキ会食同様利用者様はあっという間に完食でした。
 
来月も誕生会での季節のスイーツお楽しみに。
 
 
 
新しいアイディア
2014-08-23
スイーツ工房では先月末にブログの中のお知らせで「パートさん・アルバイトさん募集」を出し、おかげさまで現在までに2名の方が決まり、チームの一員として活躍しております。
 
最初は先日涸沼キッズ(放課後等デイサービス)にお出ししたおやつの紹介です。
以前にも提供させて頂いた「チョコレートムース」ですが、今回は新しい職員の提案でモンブラン用口金で絞り出した生クリームと星の形のゼリーをトッピングする事により、前回の私のココアパウダー振りかけのみに比べ、とてもおしゃれに可愛くなりました。
 配膳には立ち会えませんでしたが、利用者様に喜ばれたのは想像出来ます。
 
次に県庁三の丸庁舎での展示販売ですが、こちらも新しくチームに加わったメンバーの提案で「立体的ディスプレイ」に変わりました。
今まではテーブルに並べるだけ平面に並べ、売れて行くたびに面積を小さくして行きましたが、この職員は基本のレイアウトは変えずに売れた物を補充するスタイルで、とてもスマートな売り方です。
今までの私の並べ方は「お祭りの露天商」でしたが、「おしゃれなお菓子屋さん」に変身した様です。
 
この様に新しいメンバーが自由な発想でいろいろな事にトライして結果を出す事はモチベーションアップや次の挑戦(目標)に対してどんどん前向きになれるのでとても重要と考えます。
 
私たち3名の先輩職員も現在は売上管理・仕入れ管理・製造・品質管理等、それぞれの担当分野を日々クリアするのが精一杯ですが、今後自分にゆとりを持ち「このアイディアはすごい」とみんなに言われる様な新しい提案を出して行ければと思っております。
 
パートさん・アルバイトさんも引き続き若干名ではありますが募集をしておりますので、興味のある方は茨城補成会ホームページ「フードガッツ お知らせ」をご覧になり、お問い合わせお待ちしております。
 
 
 
完売ありがとうございます
2014-08-17
 昨日は久しぶりに「大洗アクアワールド」での対面販売でした。
 
前日焼いたシフォンを朝から型から外してカット・袋詰めを行い、新しくメンバーに加わった職員が手伝ってくれたおかげもあり、いつもより早く出発できたのですが・・・・・
 
アクアワールドの駐車場はすでに満車で、駐車待ちの車の長い列が続き、遠くに水族館の建物が見えてはいるのですが車が動きません。
「まずいな どうしよう」と思いましたが写真でもわかりますが反対車線も海岸沿いの駐車場に入る車の順番待ち渋滞でUターンも出来ません。
「ま・いいか こんな時もあるさ」とあきらめて並んでいたところ、暫くして駐車場に入る車はセンターライン側に並ぶ形になり(警備員さんの誘導?)左側の路側帯を通って渋滞を抜け、無事アクアワールドに到着しました。
 
到着と同時に販売の準備なのですが、あまりにもお客様が多く、「すみません後ろ通ります」「ここにテーブル置くので申し訳ありません」と声かけしながら販売のセッティングをするのですがコンテナから製品を出す前に品物を手に取って見ているお客様もあり、並べると同時に売れて行きます。
いつもならばセッティング後売れ始めるまで少し時間があるので並べたの販売商品や担当スタッフの写真を撮ったり一緒に販売させて頂いている施設様とお話をしたりするのですが今回は全く余裕が無く、試食を出す時間もなくパン・シフォン・焼き菓子の順に次々に完売して行きました。
私の他にも販売担当として学園の副主任も同行してくれましたが、休憩どころではなく大変だったと思います。
やっと12:30分を過ぎ、試食を出しながら残ったクッキーを販売しましたが、こちらも13:00前には完売し、「完売最速記録12:57分」を写真に残し、本日の対面販売を終了しました。
 
入場の際に商品をご覧になり「荷物になるから帰りに買います」とお声をかけて頂いたお客様にはお帰りの時間前に売り切れてしまい大変申し訳なく思いますが、現在の生産能力ではこれが精一杯で、目的が「利益を上げる事」では無いので完売した事で十分満足しております。
 
思いがけずに学園に早く戻る事が出来たため、余った時間は工房の空いている部屋のペンキ塗りを行ないました。
今回ブログの「お知らせ」欄にスタッフ募集を書き込み、おかげさまで2名の方が決まり、スタッフの食事や休憩、ミーティングの他にお客様との打ち合わせ等に使用出来るスペースを作りたいと思っています。
 
完成したらお知らせしますのでぜひ遊びに来て下さい。
 
 
 
 
 
 
「そら」と「くま」
2014-08-11
 ある利用者様のお宅へ送迎車で朝お迎えに伺った際、元気良く2匹の子犬が出迎えてくれました。
10日位前に同じコースの送迎担当でお伺いした時はいなかったのですが、2匹とも首輪をして庭を元気に走り回っておりました。
 
2匹の名前はスマートで活発な白が「そら」で臆病なずんぐりの茶色が「くま」です
 
お話を聞いた所、2匹とも捨てられていた所を拾われたそうで、こちらのお宅では昨年も捨てられていた白い子猫を育てており、今は大きくなって子猫の時のようにじゃれ付きはしませんが、送迎の時たまに顔を見ます。
 
何らかの理由があって「捨てる」判断をしたのでしょうけど捨てられた方はかわいそうですよね。
この2匹の子犬だけではなく人間を含め、最近命の選択が「軽いな」と感じるのは私だけでしょうか?
 
ともあれ「そら」と「くま」は優しいお宅の一員となり、すくすく育つのだろうなと安心しました。
 
 
 
 
 
「おやつ」と「スイーツ」
2014-08-03
 今日は涸沼キッズ(放課後等デイサービス)のおやつを作りました。
 
スイーツ工房はその名前の通りにシフォンケーキや焼き菓子・生洋菓子等のスイーツを作っておりますが、「おやつ」も作ります。
注文を頂くのは学童保育や幼稚園・保育園などおもにお子様向けのお客様で、以前には高齢者の施設様からご注文を頂いた事もありました。
 
私が理想とする「おやつ」は家の冷蔵庫に普段あるものや家庭の台所に常時保管してある食材を使い、安価で簡単に出来る物で、お母さん(お父さんかも)が手作りするものがいいなと思います。
もちろん作るのはおじいさん・おばあさん・お姉さんや近所の方などだれでもでも良いのですが、「食べてもらう人の顔が見えているか?」が重要です。
誰だって自分の子供やお孫さん・親戚や知り合いのお子様にはおいしくて体に良いものを食べてほしいと思い、作りますよね。
 
私たちは12食程度のおやつを作る時、「1時間以内で出来る物」を基準にしております。
忙しいお母さんは時間をかけて芸術的なおやつは作りませんし、多少形が悪くてもおいしければOKなのがおやつの良い所です。
 
私の今日作ったシュークリームも写真の通り形は不揃いでしたが「おいしかったよ」の一言で今日も良い仕事が出来たかなと思っております。
 
 
 
 
 
 
「ことりさんのごはん」ががり
2014-08-02
 今日はおしごとの紹介です。
 
スイーツ工房のシフォンケーキは型から外す時、ほとんど手で外します。
普通はシフォン用のパレットナイフを使い、型の周りを切り取る様に一周してはずしますが、私たちは指先でケーキの型からはがす様に軽く押さえて取り出す為、型にある程度のシフォンケーキが残ります。
以前はシンクでスポンジたわしを使い水で洗いながら流しておりましたが、排水として環境に良くない為、現在は製菓用カードを使い型から削り取ってから洗いにかけます。
 
同じ生地でも流し込まれた場所によってケーキになる方と、捨てられたり排水に流される方に別れ、「型付着組」はかわいそうですよね。 
 
そこでカードで削り取ったものを冷蔵庫で保管し、翌朝「ことりさんのごはん」としてえさ台に並べる事にして、利用者様の「おしごと」の1つにに加えました。
 
今はスズメがほとんどですが、冬から春先のえさが少ない時期にはヒヨドリやいろいろな野鳥がえさ台に来て「シフォンケーキ型付着組」を食べておりました。
たまにからすが来てあっという間にほとんど無くなってしまう事もありましたが、その時はたくさん削った時に冷凍庫に入れて保管している「とっておき」を出します。
からすもお腹が空いているのでしょうから。
 
「ことりさんのごはん係」の仕事は利用者様に人気があり、担当するとやさしい気持ちになれる事が人気の秘密かな と思ってます。
 
 
 
 
 
 
 
やっと完成しました
2014-07-29
 ブルーベリーのシフォンケーキを昨年から試作をしておりましたが、満足な物が出来ず、今年も失敗に次ぐ失敗でしたが、やっと「これならば販売出来る」製品が出来ました。
ご協力いただいたのは城里町の「そよかぜの丘ブルーベリー園」の小林さんご夫妻と以前大手のジャムメーカに勤めておりましたスイーツ班職員のお父さんです。
 
今まで失敗を重ねたコンポートやジャム・ペーストの状態では無く、「生」で投入しています。
濃いブルーの星の様な模様が出ており、白い生地とのコントラストでカット面もきれいです。
 
ご協力頂きました皆様方、本当にありがとうございました。
製品は来年の原料ブルーベリー収穫シーズンからの製造を予定しておりますのでどうぞご期待下さい。
 
引き取りのおしごと
2014-07-27
 今日は卵の引き取りのお仕事を紹介します。
 
スイーツ工房で一番多く使用する原料は「卵」です。
特にシフォンケーキは使用の割合が高く、17㎝の型でシフォン1個を焼く時は平均2.75個の卵を使います。
今月初めに100個以上焼いた時は約300個の卵を使用しました。
 
原料の鶏卵は現在2カ所から仕入れており、用途に応じて使い分けしますが、ほとんどの卵は茨城町の「小幡養鶏場」へ直接引き取りに行き、生みたての新鮮な卵を仕入れてきます。
こちらの養鶏場はえさ米を鷄に与えて「穂の香卵」を生産しており、鶏糞を堆肥化してえさ米を栽培している田んぼに戻す循環サイクルに関わっている所も魅力のひとつです。
 
「穂の香卵」はJAの通販や茨城町のポケットファームどきどきで購入する事が出来、どきどき内の「森のレストラン」での食材にも使用されているこだわりの卵です。
仕入れのきっかけは森のレストランで食事中に小幡養鶏場のこだわりや経営者の小幡社長の鷄に対する思い、生産された穂の香卵の素晴らしさを田村店長からお聞きし、ぜひ仕入れたい卵として養鶏場にお伺いし、小幡社長に頼み込んで仕入れる事ができました。
 
卵の購入はチームメンバー全員が大好きなお仕事で、以前一度だけですが他の班の利用者様も一緒に行った所、「たまご買いいこう」「たまご買いは?」と会うたびに聞かれます。
もちろんお仕事ですからそれぞれの分担があり、空の返却容器を車に積む係 養鶏場の皆さんにご挨拶をする係 納品書にサインをする係 卵を車に積む係 工房に着いて卵を下ろす係 の5種類を利用者様の得意な分野で分担します。
往復の車中、利用者様は物まねをしたり歌を歌ったり、お昼寝をしたりとそれぞれ楽しそうに自由に過ごしており、これが毎回全員が「行く」と言う理由かと思います。
 
卵に関わるお仕事はこの他たくさんあり、「洗い」「割り」「分離」「殻洗い」「並べ乾燥」「殻砕き」「殻の袋詰め」など後ほど写真付きで詳しくご説明させて頂きますのでお待ち下さい。
 
 
引き取りのおしごと
2014-07-24
かぼちゃの原料を仕入れてきました。
 
1週間ぐらい前に水戸中央卸売り市場内の中卸さん「金沢商事」へあの有名な「江戸崎かぼちゃ」を注文し、安い値段の日に取ってもらう事にしておりました。
こちらの中卸さんは"安全・安心"な野菜や果物、オリーブオイル等を取り扱っており、個人的に古くからの知り合いです。
昨日連絡が入り、早速引き取りに行ってきました。
 
ブランドかぼちゃだけあり、堂々とした貫禄で、かぼちゃに貼られているシールも"ゴールド"です。
 
スイーツ工房ではこの原料を下処理し、10月に東京日比谷公園で行われる「全国生産活動・就労支援部会職員研修会」の障がい者福祉物産展に茨城県の特産品で作るスイーツを出品予定です。
 
他にも栗やパプリカ、メロン等の特産品も加工予定ですのでご期待下さい。
社会福祉法人茨城補成会
 
涸沼学園
涸沼学園集まれガッツ村
グループホーム集まれガッツ村
涸沼キッズ
涸沼キッズサテライトゆうゆう
相談支援事業所涸沼家族会議室
石崎学園
 
〒311-3122
茨城県東茨城郡茨城町
上石崎4698-2
TEL:029-293-7401
FAX:029-293-7744
------------------------------
・福祉型障害児入所施設
・障害児通所支援事業
 児童発達支援事業
 放課後等デイ事業
・涸沼キッズサテライトゆうゆう
・障害者支援施設
 施設入所支援事業
 就労移行支援事業
 就労継続支援B型事業
 生活介護事業
 自立訓練(生活訓練)事業
 短期入所事業
・日中一時支援事業
・相談支援事業
・共同生活援助事業
・児童養護施設
------------------------------
<<社会福祉法人茨城補成会>> 〒311-3122 茨城県東茨城郡茨城町上石崎4698-2 TEL:029-293-7401 FAX:029-293-7744