社会福祉法人茨城補成会|涸沼学園|涸沼学園集まれガッツ村|石崎学園|

qrcode.png
http://ibaraki-hoseikai.jp/
モバイル版はこちら!!
バーコードリーダーで読み取り
モバイルサイトにアクセス!

 

スイーツ工房ブログ

 

スイーツ工房 日々のできごと

スイーツ工房 日々のできごと
フォーム
 
今日のおやつ
2014-09-23
本日の涸沼キッズ(放課後等デイサービス)のおやつは「リンゴとカスタードクリームのタルト」でした.
 
秋はリンゴの季節ですね.
スイーツ班の姫リンゴも収穫時期を迎え、今年は8個収穫出来ました.
来年は木も植えてから3年目になるのでもっと収穫が期待出来そうですがまだまだお菓子作りの材料までには時間が必要です.
 
おやつに使用したリンゴはアップルパイに使用の予定でコンポートの状態を冷凍していたのですが、急きょタルトになりました.
スイーツ工房のおやつは「臨機応変」「安価で簡単・おいしい」がコンセプトなので、プランターで栽培していたミントの若芽を添えて「材料あるもので」で完成です.
 
サクサクのタルト生地に乗ったリンゴとカスタードクリームの組み合わせはベストマッチの味でした.
 
 
 
秋の食材
2014-09-22
日ごとに日の暮れが早くなり、秋が深まって来ました.
 
秋と言えば代表的な食材の1つに「栗」があります.
茨城県も有名な栗の産地で「岩間の栗」が有名ですが、現在は市町村合併で笠間市となり、「笠間の栗」として全国に名前が売れています.
 
涸沼学園には岩間在住の職員がおり、その職員の家は筍や栗を広い面積で栽培して市場に出荷しております.
今年もこの季節恒例の利用者様との園外学習で「栗拾い」が職員の家の広大な栗畑で数回に分けて実施され、料金無料.拾い放題でたくさんの収穫がありました.
私達スイーツ工房も地元の特産品を旬の時期に仕入れる為に「将来の栗農園 園主」と交渉し、時間的に無料の拾い放題には行けない為、少し小ぶりの栗を格安の仕入れ値で15kgほど購入させて頂き、早速茹でて冷蔵庫に保管しました.
どれだけ格安かと言うと、スーパーで購入する金額の 1/5 以下でした.
 
10月上旬に東京の日比谷公園で全国の知的障害者施設が製造した商品の販売会があり、私たち涸沼学園集まれガッツ村も参加の予定で、今回仕入れた栗は国産有名産地の「ブランド栗」として十分通用するので以前仕入れた「江戸崎かぼちゃ」や夏にペースト加工した「水戸市産のパプリカ」と共にシフォンケーキに練り込み、「スイーツ工房のこだわり原料」の名前で出品予定です.
 
他、10月から11月にかけて水戸駅コンコースや茨城町のイオンタウン.茨城町 町民祭等のスポット販売があり、県庁各庁舎、アクアワールド大洗など今まで定期的にお世話になっている場所での販売も継続の予定で、秋は販売も大忙しいです.
 
 
 
 
 
 
 
 
さようなら 赤ボクシー
2014-09-18
 スイーツ工房で主に使用していた送迎車両が昨日車検切れとなり、ディーラーさんに引き取られて行きました.
 
「あずき色」が正確な色ですが、学園での愛称は「赤ボクシー」でした.
 
スイーツ工房はまだ自前の車両を持つほど売上が無いので送迎車両の空いている時間や曜日に車両をお借りして販売や納品・原材料の仕入れに使用しております.
 
昨日は朝の送迎が終了した後、赤ボクシーを洗車のコーナーへ移動し、洗車をいつも担当してくれる利用者様に「赤ボクシーは今日お引っ越しするのできれいに洗ってあげようね」とお話しし、最後の洗車を二人で行いました.
 
4台ある送迎車利用の中で一番お世話になったのがこの「赤ボクシー」でいろいろな所へ一緒に行き、ブログに写っている写真も全てこの車です.
もちろん本業の通所利用者様の送迎では「平須コース」を月曜日から金曜日まで毎日走り事故も無く利用者様を安全にお迎え・お送りしました.
 
スイーツ工房の立ち上げから一緒だった赤ボクシーがいなくなるのは少し寂しいですが、まだキロ数余り乗っていない車だったのでディーラーさんできれいに整備された後、どこかで元気に走ってくれればいいなと思っています.
 
赤ボクシー約2年間お世話になりました.
ありがとうございました.
 
 
秋の商品
2014-09-14
 昨日は「アクアワールド大洗」での対面販売でした.
 
毎月3回、学園の行事が重ならない土曜日に販売日を設定し、週初めにクッキーの生地を作りながら焼き、週中頃ガトーショコラ等の日持ちする焼き菓子・金曜日にシフォンケーキと製造の順番は消費期限に合わせて進めて行きます.
 
利用者様も月曜日から金曜日まで職員とクッキーの丸めや袋詰め・包装等それぞれの得意な分野で担当をこなし、金曜日の夕方までに商品としてクッキー類は平均100パックを用意します.
もちろんクッキー以外にもケーキの型洗い、リボン作り、卵割り、ラベルの記入などの製造にかかわる事の他、お洗濯、お掃除、小鳥さんのごはん、草取り、ごみ出し等、毎日のお仕事はたくさんあり、一週間頑張って作業を続けてくれた利用者様は土曜日と日曜日はお待ちかねのお休みで.土曜日の販売は私たち職員が担当します.
 
アクアワールドの販売に限らず商品のラインナップは季節に合わせて変えており、今回は「栗」と「8色セット」をおすすめ商品として中央に並べてみました.
特に「栗」の人気は高く、お値段は他の商品より高めだったのですが写真を撮るまでの間にすでにカット物は売り切れてしまいました.
ホールも早々と売れてしまい、みなさん季節に敏感だなと感じました.
 
引き続き地元で穫れた新鮮な野菜や果物を中心に季節に合わせたスイーツを加工する予定ですのでご期待下さい.
 
 
 
ブルーベリーの収穫
2014-09-12
そよ風の丘ブルーベリー園の小林さんよりお声がかかり、昨日今年最後の収穫にお伺いしました.
 
今年はお盆過ぎから雨が続き、ブルーベリーの実が水っぽくなってしまったとの事で、お客様からこれではお金を頂けないと、ブルーベリー園は8月20日で今シーズンの営業を終了しておりました.
さすがお客様の立場に立った経営方針ですよね、感心します.
 
スイーツ工房でも来年のシーズン開始までの分を確保する為、先週も収穫させて頂いたのですが、今回は園主の小林さんより「房カットで収穫してもいいですよ」とお許しを頂き、ブルーベリーのなっている枝をハサミでカットし、コンテナに詰めて収穫しました.
 
おかげさまで十分すぎる位の収量でしたが、学園に戻り下処理の事を考えるとはてしない量を前にさっきまでの浮かれた気分は一転し、今晩使用中に終わるかな?との思いが頭をよぎりましたが、小林夫妻が丹精込めて育てたブルーベリーの実を無駄にはしたくないので、昨日中にスイーツ工房の職員3名で枝外しと一次選別を遅くなりましたが終了しました.
みんな勤務時間は終わっていたのですが「今日中にやらなければならない事」良くわかっており 黙々と手伝ってくれました.
1人ではくじけそうになる時でも手伝ってくれる人がいると出来る事ってありますよね.
本当にチームっていいもんだなと改めて思いました.
 
もう少し早く学園に戻っていれば利用者様にも手伝ってもらえ、早くに終了したのですが、収穫に熱中したあまり時間の事考えていなかった点、今回の私の反省点です.
 
今日は最終選別を午後からみんなで行ない、ジャムやペースト・コンポートの原料とする予定で、チームの力で年間を通してのブルーベリー関連製品を提供出来る目処がついた事、お知らせ致します.
 
 
 
 
 
お勉強の時間
2014-09-08
 今日は利用者様のお勉強の時間を紹介させて頂きます。
 
スイーツ工房の利用者様は絵や字を書くのが大好きで、パソコンや計算が得意な方もいらっしゃいます。
毎日の休憩時間にはそれぞれ自由にやりたい事を選んでもらっておりますが、文字を書く事と絵を描く事がほとんどです。
 
今日はお二人の利用者様の絵を紹介させていただきます。
 
1人目の方は戦隊物が大好きで、戦隊のカードを見ながら上手に色鉛筆で輪郭を書かずに色だけを重ねてお気に入りのスケッチブックにカードと同じに描きます。
描きごこちにもこだわりがあり、つるつるした紙は嫌いです。
 
もう1人の方はボールペンやマジック・蛍光ペン・鉛筆と描く道具は選ばずに独創的な絵をスケッチブックを始め、上白紙・ノート・ミスプリントの裏紙・カレンダーの裏の白い部分なと、道具と同じ様に描く紙も選ばず色彩豊かに描きます。
今日はケースに入っていた定規3種を使いそれぞれに合った「三角形の屋根のお家」「ヘッドホーン」「Tシャツ」を描いてくれました。
今日は週明け月曜日で作業が忙しく、お勉強の時間があまり取れなかった為、色付けは出来ませんでしたが明日のお勉強の時間の楽しみになりました。
 
たまに眠い時はみんなで「お昼寝」の時間にもなりますが、お勉強の時間は利用者様の楽しみの時間の1つです。
 
収穫の秋
2014-09-04
 9月に入りすっかり涼しくなり、季節は確実に進んでいる事を実感します。
 
スイーツ工房では敷地内に小さな畑があり、わずかですが野菜やお花・ハーブ等を栽培しております。
 
今年もかぼちゃが収穫の時期を迎えました。
かぼちゃは苗を植えた後、成長が早く、雑草にも負けない位葉を広げ、手がかからずに実がつくので昨年に続き栽培しております。
収穫後はペーストと皮付きの角切りに加工してシフォンケーキに練り込む予定です。
 
他に昨年植えた「姫リンゴ」と小林さんより頂いた「ブルーベリー」の苗木にも数個づつですが実がつきました。
来年・再来年と木が大きくなるにつれて実がたくさん付く事間違いないのではと大いに期待し、何年か先にはスイーツの材料としての収穫を心待ちにしております。
 
私たちのスイーツ工房も苗木に負けず毎年確実に成長出来る様、努力して行きたいと思っております。
 
 
納品のおしごと
2014-09-02
 スイーツ工房はお店がないのでお客様から注文を頂くと製品をお届けに上がります。
 
お客様の中には学園に電話でご予約を入れてお引き取りに来て頂けるお客様もいらっしゃいますが、ほとんどはお届けかアクアワールドを始め県庁各庁舎などでのでの対面販売です。
 
お届けには職員1名とチームのメンバー全員が毎回参加します。
全員が毎回「行く」「行きます」と答えるのでお留守番はありません。
 
納品はお仕事ですので、各自担当があり、お届け先でそれぞれご挨拶や製品運び・リボン付け・手提げ袋入れ・お金をお預かりしてバックにしまうなどなど担当のお仕事が出来たかを帰りの会で確認をします。
 
2枚の写真はお届け時と容器回収の時の写真ですが、どちらも皆さん楽しそうな表情です。
 
対面販売は全員で行く事が出来ないため交代で行きますがこちらも全員「行きたい」との返事で、自分の番が来るのが待ち遠しい様子です。
 
今後ともメンバーで対面販売やお届けにお伺いしますので見かけたらお声をかけて頂くと嬉しいです。
 
なおお届けのエリアやご注文を頂く数などは電話でお気軽にお問い合わせ下さい。
お問い合わせをお待ち致しております。
 
 
 
 
 
誕生会スイーツ
2014-08-25
 今日は利用者様毎月のお楽しみの1つ「誕生会」でした。
 
午前中・午後とも各班の作業活動はお休みで、全体レクリエーションや散歩などで過ごし、最後にお待ちかねのケーキ会食で楽しい一日が終了しました。
 
今回のスイーツは季節の果物として桃を選び、缶詰めの白桃5種類の中から値段と内容量が手頃な3種類をスイーツ工房の職員で桃の味・食感・シロップの味・大きさ・色等をチェックし、全員一致で「これがいい」と即決で決まりました。
今回食べ比べて見て、同じ1缶 100円前後でもこれだけ品質に差がある事初めて解り、原材料を吟味する事は大事だなと実感しました。
 
写真ではお皿が大きい為、ケーキが小さく見えますが、実際には18cmスポンジ台3段重ねを 1/8にカットしているのでお店で買うショートケーキより一回り大きいです。
もちろん大きくてもいつもの誕生会ケーキ会食同様利用者様はあっという間に完食でした。
 
来月も誕生会での季節のスイーツお楽しみに。
 
 
 
新しいアイディア
2014-08-23
スイーツ工房では先月末にブログの中のお知らせで「パートさん・アルバイトさん募集」を出し、おかげさまで現在までに2名の方が決まり、チームの一員として活躍しております。
 
最初は先日涸沼キッズ(放課後等デイサービス)にお出ししたおやつの紹介です。
以前にも提供させて頂いた「チョコレートムース」ですが、今回は新しい職員の提案でモンブラン用口金で絞り出した生クリームと星の形のゼリーをトッピングする事により、前回の私のココアパウダー振りかけのみに比べ、とてもおしゃれに可愛くなりました。
 配膳には立ち会えませんでしたが、利用者様に喜ばれたのは想像出来ます。
 
次に県庁三の丸庁舎での展示販売ですが、こちらも新しくチームに加わったメンバーの提案で「立体的ディスプレイ」に変わりました。
今まではテーブルに並べるだけ平面に並べ、売れて行くたびに面積を小さくして行きましたが、この職員は基本のレイアウトは変えずに売れた物を補充するスタイルで、とてもスマートな売り方です。
今までの私の並べ方は「お祭りの露天商」でしたが、「おしゃれなお菓子屋さん」に変身した様です。
 
この様に新しいメンバーが自由な発想でいろいろな事にトライして結果を出す事はモチベーションアップや次の挑戦(目標)に対してどんどん前向きになれるのでとても重要と考えます。
 
私たち3名の先輩職員も現在は売上管理・仕入れ管理・製造・品質管理等、それぞれの担当分野を日々クリアするのが精一杯ですが、今後自分にゆとりを持ち「このアイディアはすごい」とみんなに言われる様な新しい提案を出して行ければと思っております。
 
パートさん・アルバイトさんも引き続き若干名ではありますが募集をしておりますので、興味のある方は茨城補成会ホームページ「フードガッツ お知らせ」をご覧になり、お問い合わせお待ちしております。
 
 
社会福祉法人茨城補成会
 
涸沼学園
涸沼学園集まれガッツ村
グループホーム集まれガッツ村
涸沼キッズ
涸沼キッズサテライトゆうゆう
相談支援事業所涸沼家族会議室
石崎学園
 
〒311-3122
茨城県東茨城郡茨城町
上石崎4698-2
TEL:029-293-7401
FAX:029-293-7744
------------------------------
・福祉型障害児入所施設
・障害児通所支援事業
 児童発達支援事業
 放課後等デイ事業
・涸沼キッズサテライトゆうゆう
・障害者支援施設
 施設入所支援事業
 就労移行支援事業
 就労継続支援B型事業
 生活介護事業
 自立訓練(生活訓練)事業
 短期入所事業
・日中一時支援事業
・相談支援事業
・共同生活援助事業
・児童養護施設
------------------------------
<<社会福祉法人茨城補成会>> 〒311-3122 茨城県東茨城郡茨城町上石崎4698-2 TEL:029-293-7401 FAX:029-293-7744